菅原 宗一郎
– souichirou sugawara –

誕生日
12月13日
出身地
千葉県
資格
増改築相談員
無添加住宅検定合格
小型車両系建設機械
趣味
ゴルフ、お酒を嗜むこと

仕事への想い

初めて勤めた会社で新人の頃に初めて一人で商談し契約いただいたお客様が、ローンを払えず家を手放してしまいました。引き渡しの時は、ご家族みなさん本当に喜んで頂いていたので本当にショックでした。「ちょっと支払い大変かな?」と思いつつも無理なローンを組ませてしまったのが原因でした。

当時、勤めていたのが営業重視の住宅会社で、「どうやってでも契約をとって来い」みたいなスタンスでした。私の自宅のお隣さんは同僚が担当したお客様でしたが、支払いができずに出ていってしまいました。この時の経験から「ぜったいに無理なローンの提案や強引な売り込みはしない」というのが、私の信条です。

そんなことがあり営業は好きだったのですが、会社を退職してしまい、住宅営業からも離れることにしました。
ただ、家づくりは本当に好きでしたので基礎工事や左官工事、大工の手伝いなど、職人として現場仕事を約10年間経験しました。
この職人時代の10年は、今の私にとって大きな財産です。

これらの経験がファミリアホームで生涯家づくりの仕事に携わろうという、今の仕事の想いへ続いています。

ファミリアホームの好きなところ

マイホームを建てて10年目、我が家にいろいろな事が出始めてきました。

まずは屋根と外壁の塗装。1回あたり足場もいれて約120万円ほどかかりました。「10年に一回は塗装しないと家が傷みますよ」と知り合いの塗装業者さんに言われた時は衝撃でした。「えっ、前の会社でそんな説明してなかった。」が率直な感想です。
フローリングやドアの表面に貼ってある木目のシートがパリパリになりめくれてきたり、内装ビニールクロスもめくれたり、ひびが入っていたり汚れたりして全面張り替えが必要な状態です。全部やり替えの見積りを一度出したのですが300万円。

とてもじゃないけど、もったいなくてまだしておりません。でもいずれやらなければならないのが悩みの種です。

この時に初めて、家は住み続けるのにお金がかかるものだと実感しました。

過去に担当したお客様にもかかることは説明していないので、住宅ローンを払いながら、そんなお金が出せているのかと心配になります。
ファミリアホームが手がける「無添加住宅」は長持ちし、永く住むのにメンテナンス費用があまりかからない家です。お金のことを気にせずに、永く住んでもらえるのはとても安心につながります。
住宅営業マンをやりました。現場職人も10年経験しました。自分で家も建てました。
そんな私が最後に選んだのがファミリアホームの「無添加住宅」です。

プライベートでの好きなこと・得意なこと

ゴルフは本当に下手の横好きですが、体を動かすのが気持ち良いので好きです。
上は小学4年生から下は保育園の甥っ子姪っ子が4人いるので、お盆やお正月休みなどの長期の休みには映画や温泉、ご飯を食べにいくことが癒やしになってます。