五木源住宅

木のために、住む人のために、手間と時間を惜しみなくかけた葉枯らし天然乾燥材。

五木村の美しい森林の恵みを大事に生かして、人も自然も村もみんながゴキゲンになる世界を作りたい、という想いから始まったプロジェクトです。五木村とファミリアホームを中心にこの活動の想いに賛同してくださった設計事務所や工務店で「五木源住宅」というグループを作りました。

ファミリアホームで使われる構造材は、美しい五木村の自然の中で山師さんに大切に育てられています。その木を伐採した後、3ヶ月以上枝葉を付けたまま自然に水分を抜きます。さらに製材後一年以上かけて自然乾燥させています。この様に時間をかけて木を乾燥させる方法は「葉枯らし天然乾燥材」と呼ばれ、人工乾燥の木材と比べると、木の香がよくなるとともに、艷のある赤みの色合いの木肌と、粘りを持った強度のある木材へと仕上がります。

手間も時間もかかる方法のため、葉枯らし天然乾燥材を使うことを住宅会社は嫌がります。しかし、木のこと・住む人のことを考えるととても良い方法なのです。
食べ物と同じ様に、産地がわかり、育てた人がわかる家づくりを目指していきます。