1. HOME
  2. ブログ
  3. C値とUA値のついてご存じですか??

C値とUA値のついてご存じですか??

気密測定①|熊本の注文住宅工務店ファミリアホーム

こんにちは、営業課の宮崎です。

今回は、C値とUA値についてお話をしたいと思います。

 

C値とは=相当隙間面積のことをいいます。

床面積1メートル四方の1平方メートルあたり、どのくらいの隙間(単位は平方センチメートル)が存在するかを表します。

この数値が少ないほど、つまり「0」に近いほど隙間が少なく、気密性が高くなります。

なので、C値が低ければ低いほど高気密の家になることになります。

 

UA値とは、外皮平均熱貫流率のことを言います。

住宅の内部から床、外壁、屋根(天井)や開口部などを通過して外部へ逃げる熱量を外皮全体で平均した値です。

熱損失の合計を外皮面積で除した値で、値が小さいほど熱が逃げにくく、

断熱性能が高いことになります。また省エネルギー性能が高いことも示します。

 

以前、菊陽のモデルハウスを測定をしました。

その結果がこちらです。

C値UA値とは②|熊本の注文住宅工務店ファミリアホーム

C値は0.7㎠/㎡のUA値は0.5W/㎡Kでした。

UA値は平成25年度基準で行くと熊本は0.87W/㎡Kで東北エリアなど寒い地域は0.56W/㎡Kです。

なので、菊陽モデルハウスは東北などの寒い地域でも問題のない断熱性能になっております。

実際にモデルハウスに来て空気環境を体感してみたいと思ったお客様へは

イベント予約

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

New title

月別