1. HOME
  2. ブログ
  3. ヒートショックでの死亡数は交通事故の2倍!?

ヒートショックでの死亡数は交通事故の2倍!?

こんにちは!営業課の白石です。

今回のブログ内容は、最近よく耳にするヒートショックについてです。

皆さんは、ヒートショックとはどういうものなのか知っていますか?

トショックを簡単に説明すると急激な温度変化により、体に悪影響を起こしてしまうことです。

温度差による、急激な血圧の変化や血管の収縮によって、心筋梗塞や脳梗塞、不整脈を起こしてしまいます。

最悪の場合、死に至るケースがあります。

しかも、近年では若い人がなるケースもあるそうです。

食後すぐにお風呂に入ったり、かけ湯などをせずに入ることも危険なことだと言われています。

ヒートショックでなくなる人の数は、交通事故二倍と言われています。

交通事故などよりも死亡数が多く、身近に存在する危険なのです。

なんと、熊本県は、寒い北海道と比べて、2倍もの人がヒートショックを起こしているのです。

しかも、ヒートショック家で起こることがほとんどです。

たとえば、冬、お風呂に入る際、寒い脱衣室から急に温かいお風呂に入る事でよく起きています。

ヒートショックは、寒暖差が激しいからこそおこってしまうのです。

ヒートショックを防ぐには、いかに家の寒暖差をなくすかがとても必要なことです。

そこで重要なのが気密性断熱性になってきます。

快適な暮らしを得るポイントの1つは気密測定!

根本的な断熱性能をあげるのは窓だとご存じですか?

お家づくりをお考えの際は、気密性断熱性のことも気にされると、

安心・安全なお家づくりに近づきますよ。

お問い合わせ

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  • 関連記事はございません。
友だち追加

New title

月別