1. HOME
  2. ブログ
  3. 検討中の土地が狭いという方必見!開放的な空間を得る5つのポイント

検討中の土地が狭いという方必見!開放的な空間を得る5つのポイント

土地の狭い方必見!2|熊本の注文住宅工務店ファミリアホーム

こんにちは!ファミリアホームの西牟禮です^^

現在、土地をお探し中の方検討中の土地が狭いという方!
土地が小さくても、お家の中を、十分に広く感じられる方法があることをご存知でしょうか?

土地が狭いのに広々ゆったりLDK!そのポイントは・・・?

土地が狭くても、空間を活かしたデザインを行うことで、より快適な暮らしを実現できるんですよ。
狭小地を最大限活かして、理想の暮らしを手に入れるためのポイントをご紹介します。

ポイント1「光の採り入れ方」

 

狭小地では、「光の採り入れ方」が重要なポイントとなってきます。
室内に十分な明るさを取り入れることで、窮屈さを感じさせない空間に。
限られた立地条件の中で明るさを確保できるよう天井を高くし、開放感と採光を両立させると良いですよ。

ポイント2「屋上スペースの有効活用」

ルーフトップで食事をしたり、晩酌をしたり・・。
プライバシーの確保をしつつ、開放感のあるルーフトップにするのもおすすめです。

 

土地の狭い方必見!1|熊本の注文住宅工務店ファミリアホーム

視線を遮るものがなく、休日のくつろぎを存分に味わえる空間に仕上がっています。
狭小地であっても、工夫次第で理想の暮らしを実現できるんですね。

ポイント3ロフトを活用して書斎スペースを確保!

床の高さを少しずつずらす「スキップフロア」という方法も、狭小地を広く見せる工夫のひとつです。
同一のフロアでもその段差によって空間に変化が生まれ、実際の面積以上に広がりを感じることができます。
階段下にもスペースを生み出すことで、狭小地ながら開放感をつくりだせます。
「スキップフロア」を室内に設けることで、狭い空間でも変化が生まれ、収納力もUPします。

 

ポイント3ロフトを活用して書斎スペースを確保!

ロフト部分に書斎をつくり、上部の空間をうまく活用することで、理想の暮らしを実現することができます。
また、壁の隙間を備え付けの収納棚にすることで、空間を広く使えるように工夫できます。

 

ポイント4「スキップフロア」や「段差」の設置

床の高さを少しずつずらす「スキップフロア」という方法も、狭小地を広く見せる工夫のひとつです。
同一のフロアでもその段差によって空間に変化が生まれ、実際の面積以上に広がりを感じることができます。
階段下にもスペースを生み出すことで、狭小地ながら開放感をつくりだせます。
「スキップフロア」を室内に設けることで、狭い空間でも変化が生まれ、収納力もUPします。

ポイント5「壁一面の大きな窓」

狭小地の場合、壁の圧迫感や閉塞感をカバーしてより空間を広く開放的に見せることがポイントとなってきます。

このように壁一面に窓を設置することで、光を十分に取り入れるだけでなく、
外の景色も見えて実際の空間よりも広く開放的に感じることができます。

ぜひご参考にされてみてくださいね^^

11月16日(土)~12月8日(日)開催!3棟同時完成見学会in菊陽町花立・合志市須屋

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

友だち追加

New title

月別