1. HOME
  2. ブログ
  3. 根本的な断熱性能をあげるのは窓だとご存じですか?

根本的な断熱性能をあげるのは窓だとご存じですか?

こんにちは!ファミリアホームの白石です。

今回のブログは、窓の話です。

最近、肌寒くなってきましたね。
これからもっと、寒さが厳しくなる時期になり、暖房などをよく使われると思います。
その際、断熱性能をあげるのに一番重要なのは窓だということを知っていますか?
冬は暖かく、夏は涼しい住まいにしていく中で、ぜひ参考にしていただきたい内容になっています。

最近よく売物件のPR項目として複層ガラスlow-E複層ガラスという表記を見たことはございませんか?
実際に、昔の住宅で使われていたのは、単板ガラスという1枚のガラスだけのものでした。
単板ガラスは、一枚のためダイレクトに外の熱を内側に伝えてしまい、
冬場、窓の近くは大変寒く、外と内の温度の差による結露が激しい状態でした。

こちらは実際の、窓の温度を明確に表示する体感ボックスになってます。


このように単板ガラスは、窓の温度が30℃近くまで上がり、手を近づけると熱気がすごく伝わってきました。

 


複層ガラス27.5℃と、2℃近く単板ガラスより低い窓の表面温度になっていても、若干の熱気が伝わってきました。

 


low-E複層ガラス25.6℃。ここまで来るとほぼ熱気は伝わってきませんでした。

このように、窓ひとつで室内の温度が全然違うものになります。

いくら、断熱性能が高い、c値が低い(すき間が少ない)と言っても窓がしっかりしていないと、
せっかく入れた暖房の熱が窓から出てしまうのです。

皆様も、お家づくりされる際は窓のことも気にして見学会などに行かれると、
また違う目線で、お家を見ることが出来るかもしれません。

イベント予約

夏も冬も窓の結露を防止するには!?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

New title

月別