1. HOME
  2. ブログ
  3. よく聞くC値とUA値とは?

よく聞くC値とUA値とは?

C値UA値とは|熊本の注文住宅工務店ファミリアホーム

こんにちは!ファミリアホームの白石です。

今回は、よく聞くC値とUA値についてお話します。

住宅会社のチラシでよくC値○○の快適な家などを見たことがありませんか?

C値とは=相当隙間面積といいます。

簡単にいうと「どれくらい家にすき間があるか?」という事です。

なので、C値が低ければ低いほど高気密の家になることになります。

もう一つのUA値とは外皮平均熱貫流率といいます。

この外皮平均熱貫流率とは、家の中の熱がどれくらい逃げにくいかというものです。

UA値が低ければ低いほど断熱性能が高いことになります。

現在、見学可能な菊陽のモデルハウスを測定した時の画像です。 

こちらは実際の測定値です。

 

菊陽のモデルハウスを測定した結果は

C値は0.7㎠/㎡UA値は0.5W/㎡Kでした。

UA値は平成25年度基準で行くと熊本は0.87W/㎡Kで東北エリアなど寒い地域は0.56W/㎡Kです。

なので、菊陽モデルハウスは東北などの寒い地域でも問題のない断熱性能になっております。

実際にモデルハウスに来て空気環境を体感してみたいと思ったお客様へ

イベント予約はこちら       ホームページはこちら

 

 

 

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

友だち追加

New title