1. HOME
  2. ブログ
  3. 私は、サイディング(外壁の種類)を使わない方が良いと思います。part1

私は、サイディング(外壁の種類)を使わない方が良いと思います。part1

.

創業当時、当社ファミリアホーム(旧センチュリーホーム)は、
『安くていい家』をキャッチコピーとして、住宅づくりに取り組んできました。

住宅業界の大雑把なドンブリ勘定的な考え方に???を感じていた私は、
建築材料屋さんと、職人さんと、ファミリアホームの中で、
細かな決め事を定めていくうちに、住宅づくりの価格を下げていくことに成功したのです。

今や、ローコスト住宅を建てる地元業者さんでも定番になっていますが、
本体金額24.8万円の金額を初めて熊本で打ち出したのは、
当時のセンチュリーホーム(現ファミリアホーム)だと思っています。

 

今から11年前、その当時の私の住宅づくりの考え方は、品質的にも、
構造的にも、資材に関しても国が定める基準を守って・・・、ということが精一杯でした。

 

自分で品質の良し悪しの確認をする方法も知らなかった未熟な私は、
方々の建材メーカーさんがすすめる建築の材料について、
「この商品は国が定める基準はクリアしているのですね。」
「保証はどうですか?」を繰り返すだけでした。

 

そのとき勧められるがままに採用した建築の材料が、
サイディングという外壁材であり、ビニールクロスという内装材であり、
フローリングという床材であり、カラーベストといわれる屋根瓦などでした。

 

そして今、当社が、ご入居いただいているお客様のメンテナンスで、
頭を抱えている大問題がサイディングです。

家づくりをご検討の皆さんならよくご存じのサイディングは、
今最も普及している外壁材です。

家

豊富なデザインが揃っているサイディング(外壁の素材)は、
今や新築住宅の定番です。

当社も今まで約150軒ほどの住宅に採用してしまっています。
このサイディングの品質について、今から住宅づくりをお考えのあなたに、
どうしてもお伝えしたいことがあります。

 

(次回へ続く)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

New title