1. HOME
  2. ブログ
  3. 私は、サイディング(外壁の種類)を使わない方が良いと思います。part2

私は、サイディング(外壁の種類)を使わない方が良いと思います。part2

.

その最大の問題は、コーキングの切れです。
コーキングとは、サイディングの板と板の間に詰め込まれているゴムのようなものなのですが、
このコーキングがご入居後わずか数年で切れ始めるのです。

今、当社のお客様宅のサイディングで起こり始めていることを少し上げてみると、

〇コーキングが切れます。
〇色が褪せます。
〇デザインチェンジがわずか数年ごとに行われ、旧デザインは
まもなく廃盤にされてしまい、部分補修をしようと思っても同じデザインのものが確保できません。

サイディングコーキングの切れは、充填されているものを全て取り除き、
新たに充填するという、大変な手間とお金と労力のいる仕事なのです。

メーカーに尋ねてみたところ「コーキングは7年程度に一度
打ち替えてください」と言われてしまいました。

サイディング板のトラブルでも、なんだかんだと理由をつけて免責事項にしようとします。

 

当社でお引き渡し後、たった4年のご入居者様のお宅と
8年のご入居者様のお宅のサイディングの表面の塗装面が割れ、
はがれ、その部分がすごく変色する現象が起きた経験がございます。

異なるメーカーだったのですが、返事はなぜか同じ
(同業者同士で申し合わせているかのようでした)。
凍害による破損の可能性があるため免責事項に当たるという回答でした。

 

 

(次回へ続く)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

友だち追加

New title