1. HOME
  2. ブログ
  3. 私たちファミリアホームがこだわってきた事⑬

私たちファミリアホームがこだわってきた事⑬

 

長期優良住宅の認定を維持するためには、建てたときではなく、
月々のローンの支払いを負担しながら、かつ、約10年に1度実施される
点検事項についての改修工事を、施工会社の判断により、有料で
実施し続けないといけないという事が現実です。

 

ここで、ヤバイポイント
○必ず施工会社で改修工事を依頼しないといけないという事。
○ご入居者は、相見積で高い安いを検討することすらできません。
○改修工事の必要性は、ご入居者が判断することができません。
判断は施工会社が判断するのです。

 

では、長期優良住宅の認定住宅は維持するためにどれくらいのコストが
公に予測されているのでしょうか?次の表は愛知県の建築指導課発行の事例です。
この表では長期優良住宅を30年間維持するのに600万円から900万円近い
メンテナンスコストがかかることが前提になっているという驚きの事実です。

 

30歳で2500万円で住宅を建築して、35年ローンを組んで
月々70000円のローンを支払いながらそれとは別に
毎年20万円から30万円維持にお金がかかることが前提なのが、
現在最も普及している、政府が推進している長期優良住宅の実態なのですよ。

 

さて、この後の長期優良住宅での暮らしはどうなっていくのでしょうか?
新築からわずか30年で600万円から900万円かかる住宅の
40年後は50年後は60年後は・・・?

 

30歳で新築したあなたの老後はどうなるのでしょうか?

40歳で新築したあなたの老後はどうなるのでしょうか?

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

ブログ最新記事