1. HOME
  2. ブログ
  3. 当社が開催する、完成現場見学会に、築10年前後の持ち家のご夫婦がたくさんご来場されます。 不思議に思い「持ち家でいらっしゃるのにどうして、わざわざ、ご来場いただいたのですか?」とお尋ねしているうちにわかってきたこととは・・・。part.2

当社が開催する、完成現場見学会に、築10年前後の持ち家のご夫婦がたくさんご来場されます。 不思議に思い「持ち家でいらっしゃるのにどうして、わざわざ、ご来場いただいたのですか?」とお尋ねしているうちにわかってきたこととは・・・。part.2

「建てる予定は、無いんですけど、見せてもらっていいですか?」奥様のそんな前置きで始まります。様子をお伺いしていると、奥様が積極的でご主人は渋々付いてきたという様子です。

「建てる予定は、無いんですけど、part2

奥様は、キッチンや間取りを指さしながら、「ホラッ、こんなのが欲しかったのよね!」ご主人に聞こえるか、聞こえないか、独り言とも取れるような口調で少し怪訝そうです。

 

ご主人はご主人で聞こえているのに、聞こえていないそぶりに見えて、何とも気まずい雰囲気です。

 

勇気を出してお伺いしてみます。

 

私:今日は、どんなことにご興味でおいでになっていただいたのですか?

お客様:いえいえ、私たちは、もう家を建てているので、ごめんなさい。建てる予定はないんですよ。

 

私:そうなんですね!何年位前にお建てになられているんですか?

お客様:12年位ですかね。

 

私:まだまだ新しいですね。そんなに新しいお住まいにお暮しなのに、わざわざ出向いて頂いたのは、今日の完成現場見学会の何にご関心をお持ちになられたからですか?

奥様:チラシに出ていた間取が対面キッチンだったので、それが見たくて来たんです。

 

私:対面キッチンですか?

奥様:実は、建てるとき、私も絶対対面キッチンにしたかったんです。

でもそのとき主人は、土地にとてもこだわりを持っていましてね、土地探しから始めたんです。

とてもいい土地を手に入れることができたんですけど、当初予算より土地代金がオーバーしてしまったんです。

余ったお金で間取りや、設備を決めていかなければならなかったんですが、結局、私が叶えたかった使いやすい対面キッチンや、パントリー、収納スペースが実現できなかったもので、近所でモデル住宅のチラシが出るたびに間取りが気になって、こうしてブツブツ言いながら主人を連れ出して、ストレスを発散しているんです。

 

ご主人:妻の執念にはかないませんよ(笑)!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事